食べ過ぎてもダメ、少なすぎると効果減少

おやつダイエットの最大の特徴は、誰でも無理なくストレス無しにやせられることである。
しかも、身体的に健康を得ることが出来るのだ。
その効果は実証済みである。

では、おやつダイエットを実施するに当たって具体的な”おやつ”の適量はどのくらいなのか。
「食べ過ぎてもダメ、少なすぎると効果減少」と理想の量の選定が難しい。

そこで、実際にカロリー分析をして適量を割り出してみた。
以下に列記するので参考にしてほしい。

「リンゴなら半分」
「ミカンなら1個」
「バナナなら半分」

果物の場合以上の量がおやつダイエットとしての理想量である。
かなり少ない感じがするが。


「大福もち類なら半分」

うーん、微妙だ。


お菓子類なら
「あめ玉・キャンディは2個までOK」

あめ玉の場合は、ガリガリと決してかみ砕かずに口の中で溶けて無くなるまで我慢すること。
唾液もいっぱい出て、身体にも良い。
唾液のパワーは侮れないぞ。


以上の中では「あめ玉」がおすすめだ。
これは一番お手軽なおやつダイエット法だろう。

皆さんの、ダイエット成功を心から願う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。