脳の満腹中枢を刺激

おやつダイエットを実施するに当たって、最適な”おやつ”はなんだろうという疑問がわいてくる。

おやつダイエットにおける「必須おやつ特性」は大きく分けて次の2点があげられる。

《1》よく噛まないと食べられない物、又は噛んで食べるのに適した物。

《2》糖分を適度に含み、それでいて低脂肪・低カロリーである物。

《1》に該当する物。
スルメやコンブなどのおつまみ系干物が良い。

《2》に該当する物。
団子や大福もちなどの和菓子が良い。

ただし、あくまでも目的はダイエットなので食べすぎは厳禁だ。
団子や大福もちなどは、一個では多すぎるので半分にして食べるようにする。

また、理想的な食べ方「おやつダイエット、食べ方のコツ」を実践すること。
それは、食べ物は噛めば噛むほど満足感を得ることが出来、少量の食べ物で空腹感を満たすことが可能になることを利用する。

つまり、咀嚼(そしゃく)刺激で脳の満腹中枢を刺激し、空腹感を抑えるわけだ。

ガムなどが、ダイエット効果高いと言われているのはこの為なのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。