血糖値の上昇を促し空腹感を抑える

ダイエットを実施する前に、必ず覚えておいてほしい事柄がある。
それは「血糖値」だ。

多少個人差はあるが、健康な人の血糖値は空腹時で血液100ミリリットル当たり100ミリグラム前後である。
この数値を境に、血糖値が高い低いを判断するのだ。

食事を摂取すると血糖値は上がり、運動をしてエネルギーを消費すると血糖値は下がる。
血糖値が下がれば「食べ物を食べろ」と脳内の《摂取中枢》が命令し食欲が出る。
逆に、血糖値が上がれば「食べ物はもういらない」と《満腹中枢》が指令を出し食欲は起こらない。

このことから、おやつダイエットに取り組む場合、空腹感を満たすおやつには適度に糖分を含んでいることが望ましい。
糖分を適度に含んだおやつは、血糖値の上昇を促し空腹感を抑える。
つまり、ダイエット効果が高まるということだ。

さらに、ダイエット効果を高めるために「低脂肪・低カロリー」も二点にも徹底的にこだわりたい。

摂取する食べ物で、ダイエットの成否が決まると言っても過言ではない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。