人が肥満になるメカニズムの勉強

おやつダイエットとはなんだろう。

そもそも、ダイエットの天敵として考えられがちな”おやつ”。
しかし、そのおやつを最大限に利用してダイエットするというのが「おやつダイエット」だ。
話題となったチョコレートダイエットもおやつダイエットに含まれるだろう。

おやつの誘惑にいつも負けてしまう人には嬉しいダイエット法である。
もちろん、甘い物の食べ過ぎは論外であるが。

おやつだいえっとは「食欲は我慢することによって高まっていき、太りやすくなってしまう」という点に着目し、逆に脳内の”満腹中枢”を上手に刺激して食欲を押さえようというものなのだ。

つまり、おやつの食べ方を工夫し、ダイエットを成功に導くのである。
人が肥満になるメカニズムの勉強にもなるので、ダイエットの基礎知識を学ぶためにもぜひ覚えておいてくれ。

多少、小難しい話も出てくるが、その辺は”はしょっても”いいぞ。
流れとしては、おやつダイエットの(1)メカニズム、(2)実施方法、(3)具体的な方法 の順に説明していく。

おやつダイエットは、苦痛を伴わず肥満解消と体調向上の効果が実感できるダイエットなのだ。

小腹が空いてくるこの時間帯

多くのダイエットは空腹感との戦いであるといえるだろう。

もともと、人間の身体は食後90分ほどで空腹感が表れてくる。これは、食後食物によって膨らんでいた胃が、消化によって収縮するために起こるのだ。

たしかに、ちょっと小腹が空いてくるこの時間帯を、どのようにしのぎ、かわすかがダイエットのポイントであるのは正解だ。空腹感は、飢餓状態を察した脳が食べるように指令を出しているわけだからだ。
いつの世も、我慢には忍耐と苦痛が伴うワケである。

そして、我慢の限界を超えた瞬間、異常な食欲によってドカ食い・やけ食いをしてしまうのだ。最悪の展開「明日からダイエットし〜よお」状態である。

しかし、安心されたし。なんとおやつダイエットは、このような事態を比較的簡単に防止することが出来る秘密が隠されているのだ。

さあ、あなたもおやつを上手に食べて、無理なく自然にダイエットの成功を勝ち取ってくれ。

応援するぞ。

空腹感という魔の手

おやつダイエットに限らないが、ダイエットの鉄則として「少量を多数回に分けて食べる」というのがある。しかし、ちょこちょこ小分けにして食べるのは意外と大変でめんどくさい。ましてや仕事をしている人はなおさらだ。

そこで”おやつ”に着目するのだ。通常通りに三度の食事を摂りながら、食間としておやつを上手に取り入れる。こうすると、空腹感という魔の手をコントロールすることが可能で、ダイエットは難しい物ではなくなるだろう。

一日の標準生活サイクルとしては、「午前9時から10時におやつダイエット」、「午後3時におやつダイエット」、「夜8時から9時におやつダイエット」といったタイミングが理想だ。

しかし、生活サイクルの多様化により生活サイクルはそれぞれ違うだろうから、各自自分のスタイルに合わせて変更してほしい。

ここでの注意点は2つ。
(1)寝る直前のおやつは厳禁
(2)食べる量は一口か二口程度に抑える必ず守ろう。

ストレス無しで勝利する

おやつダイエットは、空腹感という”ストレス”を受けずに行うという「ノンストレス−アンド−ウィン(ストレス無しで勝利する)」戦法のお手軽簡単ダイエットだ。

しかし、食べることの出来るおやつの量が少なくて、満足できない人もいるだろう。摂取量が極端に少ないからだ。しかし、この問題は正しい食べ方を実践すれば解決できる。

また、おやつの代わりにコーヒーや紅茶、ジュースなどの「飲み物」を摂りたいという人もいるだろう。しかし、おやつはなるべく固形物で摂るように。
その理由も正しい食べ方を理解すれば納得できるだろう。

《空腹感を抑える、おやつダイエットの正しい食べ方。》

おやつを無造作に飲み込まず、しっかりと意識して噛むこと。噛むという行為は、唾液の出を促進して満腹中枢を刺激し、空腹感を抑制する効果があるのだ。これだけでかなり空腹感を抑え、楽にダイエットを行うことができる。

ダイエット中は水分の摂取が重要だが、水分補給は無糖のコーヒーやお茶などが理想。甘い飲み物は”出来るだけ”避けた方がよい。

おやつダイエットは、無理なダイエットで体調を崩すことなく、ストレス無しで効果的にやせることが出来る、究極のダイエット法だと思う。

血糖値の上昇を促し空腹感を抑える

ダイエットを実施する前に、必ず覚えておいてほしい事柄がある。
それは「血糖値」だ。

多少個人差はあるが、健康な人の血糖値は空腹時で血液100ミリリットル当たり100ミリグラム前後である。
この数値を境に、血糖値が高い低いを判断するのだ。

食事を摂取すると血糖値は上がり、運動をしてエネルギーを消費すると血糖値は下がる。
血糖値が下がれば「食べ物を食べろ」と脳内の《摂取中枢》が命令し食欲が出る。
逆に、血糖値が上がれば「食べ物はもういらない」と《満腹中枢》が指令を出し食欲は起こらない。

このことから、おやつダイエットに取り組む場合、空腹感を満たすおやつには適度に糖分を含んでいることが望ましい。
糖分を適度に含んだおやつは、血糖値の上昇を促し空腹感を抑える。
つまり、ダイエット効果が高まるということだ。

さらに、ダイエット効果を高めるために「低脂肪・低カロリー」も二点にも徹底的にこだわりたい。

摂取する食べ物で、ダイエットの成否が決まると言っても過言ではない。

脳の満腹中枢を刺激

おやつダイエットを実施するに当たって、最適な”おやつ”はなんだろうという疑問がわいてくる。

おやつダイエットにおける「必須おやつ特性」は大きく分けて次の2点があげられる。

《1》よく噛まないと食べられない物、又は噛んで食べるのに適した物。

《2》糖分を適度に含み、それでいて低脂肪・低カロリーである物。

《1》に該当する物。
スルメやコンブなどのおつまみ系干物が良い。

《2》に該当する物。
団子や大福もちなどの和菓子が良い。

ただし、あくまでも目的はダイエットなので食べすぎは厳禁だ。
団子や大福もちなどは、一個では多すぎるので半分にして食べるようにする。

また、理想的な食べ方「おやつダイエット、食べ方のコツ」を実践すること。
それは、食べ物は噛めば噛むほど満足感を得ることが出来、少量の食べ物で空腹感を満たすことが可能になることを利用する。

つまり、咀嚼(そしゃく)刺激で脳の満腹中枢を刺激し、空腹感を抑えるわけだ。

ガムなどが、ダイエット効果高いと言われているのはこの為なのである。

食べ過ぎてもダメ、少なすぎると効果減少

おやつダイエットの最大の特徴は、誰でも無理なくストレス無しにやせられることである。
しかも、身体的に健康を得ることが出来るのだ。
その効果は実証済みである。

では、おやつダイエットを実施するに当たって具体的な”おやつ”の適量はどのくらいなのか。
「食べ過ぎてもダメ、少なすぎると効果減少」と理想の量の選定が難しい。

そこで、実際にカロリー分析をして適量を割り出してみた。
以下に列記するので参考にしてほしい。

「リンゴなら半分」
「ミカンなら1個」
「バナナなら半分」

果物の場合以上の量がおやつダイエットとしての理想量である。
かなり少ない感じがするが。


「大福もち類なら半分」

うーん、微妙だ。


お菓子類なら
「あめ玉・キャンディは2個までOK」

あめ玉の場合は、ガリガリと決してかみ砕かずに口の中で溶けて無くなるまで我慢すること。
唾液もいっぱい出て、身体にも良い。
唾液のパワーは侮れないぞ。


以上の中では「あめ玉」がおすすめだ。
これは一番お手軽なおやつダイエット法だろう。

皆さんの、ダイエット成功を心から願う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。